パピーケアスタッフ養成講座実践コースに参加して
そらいろ動物病院(福島県) 寺島 美穂


東日本大震災の支援事業として特別に東北で開催されたパピーケアスタッフ
養成講座ベーシックコースに参加したのは、震災からもうすぐ2年が経とう
とするころでした。以前からこの講習会には参加してみたいと思っていまし
たが、なかなか一歩が踏み出せず、何より震災後の2年間はずっと落ち着か
ない日々を過ごしていたので、自分にとってはちょうど良い気分転換にもな
りました。
 
実践コースでは、家庭や仕事などの日常から離れ、講習に集中する時間は
自分自身を見つめ直す貴重な時間でした。また、香織先生はじめスタッフの
みなさんのホスピタリティをひしひしと感じた日々でした。
 
実践コース初日、テーマソングの「無理して我慢して生きてても、明日は
やってくるけど笑えない」この歌詞を聞いた時、はっとしました。私、この
2年間心から笑ってなかったなって。無理して我慢してたんだなあって。
それに気づいた時、やっと自分のなかの時間が動き出した気がしました。
 
あの日から、日々は刻々と過ぎるけれど、被災地の多くの人々は笑えない日々
を過ごしてきているのかもしれません。心は幸せだったあの日に置いてきて
いるのかもしれません。でも、「時」はただ待っていても動きはじめないの
ですね。「思いやり」「一生懸命努力すること」「夢を持つこと(期限付き!)」
こんな当たり前のことが、「時」を動かし、人生を生きていく上で本当に大事
なのだと気づかせてもらった講習会でした。
 
幸せな時間を本当にありがとうございました。今度は私の番です。
私の大好きなこの地域で、ペットと飼い主さんが幸せな時間を歩んでいく
お手伝いができるように一生懸命がんばりたいと思います。
 
最後に、この講習会で出会えたすばらしい仲間にこの講習会に参加する機会を
与えてくださった日本動物病院福祉協会様にそして香織先生はじめスタッフの
皆様に、、、心から感謝いたします。