パピーケアスタッフとして岐阜県可児市の活動を!

 
桜ヶ丘動物病院(岐阜県)  松本 裕美子


可児市では毎年3月に市民向けしつけ方教室を行っています。私は、
パピーケアスタッフになって初めて、この企画の実演を担当させて
いただきました。今回は可児市の動物病院でしつけ教室を行ってい
る私が、子犬の時のしつけの大切さをケーブルテレビでPRし参加を
呼びかけました。実際に病院にカメラが入り、犬のトレーニングを
したり、犬の幼稚園で犬たちが楽しそうに遊んでいる姿を放送して
もらいました。また、しつけの実演を会場で行う時も、パピークラ
スを卒業した3頭の犬(柴犬・Tプードル・MIX)に出てもらいま
した。一般家庭の犬で実演をすることで、参加した方にしつけを、
身近に感じていただきたいと考えました。実際には子犬より、1歳
くらいの犬を飼っている飼い主さんの参加が多いと聞いていました
が、パピークラスでどんなことをやっているか見てもらうことにし
ました。フードを使い身体を触る練習、よその人からご褒美をもら
う練習、アイコンタクトを実演しました。
 
日常の生活でしつけができるのを知ってもらえたと思います。犬に

触るルールを知らないためにおこる、咬みつき等の事故は、犬にも
人にも大きなショックをあたえます。そこを少しでも楽しく伝えら
れたらと寸劇をしました。スタッフ演じる小学生が、散歩中の犬に
駆け寄って行き、飼い主役のスタッフに注意されたところで、会場
は笑いに包まれました。その後正しいあいさつを教えられ、犬と仲
良くなる、という内容でした。少し困った行動についての対処方法
の中で、散歩中のひっぱりについても実演しました。引っ張ったら
ガツンと引っ張り返すなどの話をよく聞くので、犬にやさしいひっ
ぱり防止をしてもらいたいと思い、会場の中から犬役で参加しても
らいました。急に強く引っ張られることがどれくらいの衝撃か体験
し、びっくりしたようです。またやさしく向きを変えても犬役の方
が飼い主の行く方向へついていくことをわかってもらえました。
最後は「オスワリ」「フセ」「バーン」「ジャンプ」をお披露目し
て楽しく終わりました。以上のように楽しくしつけをすることで、
飼い主さんと犬の絆が深まることを知っていただけたのではないか

と思います。
初めて大勢の方の前に出たにもかかわらず、犬たちは落ち着いて、

よく合図を聞いて動いてくれました。スタッフも短い練習期間の中
で、よく頑張ってくれたと思います。参加した方からは、楽しかっ
たという声もいただき本当に良い経験をさせてもらいました。
 
まだまだ課題や反省点は多くありますが、来年に向けてより楽しく

分かりやすいしつけができるよう頑張っていきたいと思います。