「わくわくして学んだ素晴らしい知識を伝えたい
 ~パピーケアスタッフ養成講座
        インターンコースを受講して~」
 
ダクタリ動物病院 岡山病院 獣医師 大江優子


2年前の受講当初は、まさか私がインターンまで行くなんて想像もしていませんでした。ベーシックでの講義は本当に興味深く、毎回わくわくしながら講義を受けていたことを、ついこのあいだのことのように思い出します。このわくわく感は薄れることなく、インターンの今でも続いています。
インターンへの参加は迷っていましたが、参加してよかったと心から思います。あの時参加していなければ、私の性格上、そのまま流れていっていたかもしれません。
 
インターンに参加して良かったことは、たくさんあります。定期的に香織先生や関さんがアドバイス・チェックをしてくれるので道に迷わない、他のメンバーの頑張る姿をみて常にやる気を注入される、など。けれど、私の中で一番の変化は、スタッフの皆さん、そして参加メンバーとの距離が近くなったことです。私は、人見知りのため自分から話しかけることが苦手です。でも、少人数なので話しやすく、毎回の飲み会でさらに親しくなれました。これは一番大きな変化でした。
 
子供の頃、動物が大好きだった私は、なんとか獣医師になることができました。3年半程勤務医として働き休職。妊娠・出産を経て4年ぶりに現場に復帰しました。病院での仕事と子供のお世話に追われる中、私に出来ること、私の武器になることは何かなと考えるようになった頃、パピーケアスタッフの存在を知りました。あの時の新たな一歩が、今の私を作っています。
 
今、私は病院でパピークラスを担当しています。毎回、子犬の能力に驚かされます。このままこのクラスを継続し、私がわくわくして学んだ素晴らしい知識を伝えていきたいです。そして今後、幼稚園・ジュニアクラスを開催したいと思っています。また、獣医師であることを活かし困っている飼主さんと動物にアドバイス・治療ができるよう、行動学の勉強もしていきたいです。やりたいことだらけですが、まずは来院してくださる患者さんや子犬ちゃんを幸せに出来るよう頑張っていきます。
 
セミナーのため病院を休まなければならないこと、幼い子供たちのお世話を主人にお願いしなければならなかったことなど、インターンに参加するにあたって気がかりなこともありました。しかし、周囲の皆さんに助けられながらここまでくることができました。そしてセミナーに参加する度に、スタッフの方々の素晴らしいおもてなしに心打たれていました。
 
香織先生、関さん、スタッフの皆さん、8期インターンの皆さん、ダクタリ動物病院岡山病院の皆さん、そして家族のみんな(特に主人)、本当にありがとうございました。の秋には絶対、認定パピーケアスタッフになれるよう、一層努力していきたいと思います。